JAED

〒652-0865 兵庫県神戸市兵庫区小松通3丁目3-13

マルベリービル1F JAED事務局
mail:info@jaedweb.org

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com 

第3回カリキュラムコーディネーター養成研修会 -初級編- 

平成30年度より認証評価第三クールに入り、教学マネジメントを実施していることが問われるようになりました。また本年度からは、中央教育審議会に教学マネジメント特別部会が設置され、教学マネジメント指針の検討が進んでいます。


 本研修会では、教学マネジメントに関するテーマを体系的に整理し、カリキュラムの設計・実施・評価・改善のサイクルを回しながら、カリキュラム上の課題を解決できる人材を「カリキュラムコーディネーター」として養成することを目指しています。

 

 初級編では、「カリキュラムコーディネーター」に求められる基本的な力を、理論と実践事例の両面から学んだうえで、所属組織に戻ってから実施する具体的なアクションプランの整理まで、参加者同士のワークを通して深めてまいります。

 

 所属組織の教育力を高め、学部・学科等がチームとしてカリキュラム運営する体制を本気で確立したいとお考えの高等教育機関の方は、ぜひ参加者をお出しください。貴学のカリキュラムマネジメントが本格始動するきっかけとなれるよう、しっかり準備をしてお待ち申し上げます。

 

■■■「カリキュラムコーディネーター養成研修会(初級編)■■■
 

◆ 日 時:2019年11月16日(土)10時00分~17日(日)15時20分

◆ 場 所:追手門学院大学 茨木総持寺キャンパス

       https://www.otemon.ac.jp/guide/campus/access.html 

 

◆ 対象者:大学職員(教員も可)

◆ 参加費:1人目 50,000円      2人目 32,500円     ※ 1大学あたり最大2名まで

◆ 主 催:日本高等教育開発協会(JAED)

      追手門学院大学 教育開発センター

                                                                                                                        チラシデータ

    共 催:株式会社学びと成長しくみデザイン研究所                              ↓

第1回カリキュラムコーディネーター養成研修会 -中級編- 

    本年度より、中央教育審議会に教学マネジメント特別部会が設置され、教学マネジメント指針の検討が進んでいます。
 本研修会では、教学マネジメントに関するテーマを体系的に整理し、カリキュラムの設計・実施・評価・改善のサイクルを回しながら、カリキュラム上の課題を解決できる人材を「カリキュラムコーディネーター」として養成することを目指しています。

 

 中級編では、カリキュラムコーディネーター養成講座<初級編>の過去の受講生を対象とし、講師による個別メンタリングや、参加者同士のワークを通して2~4年の行動計画の策定を目指します。


 所属組織の教育力を高め、学部・学科等がチームとしてカリキュラム運営する体制を本気で確立したいとお考えの高等教育機関の方は、ぜひ参加者をお出しください。貴学のカリキュラムマネジメントが本格始動するきっかけとなれるよう、しっかり準備をしてお待ち申し上げます。
 

■■■「カリキュラムコーディネーター養成研修会(中級編)■■■

 

◆ 日 時:2019年11月16日(土)10時00分~17日(日)16時00分

◆ 場 所:追手門学院大学 茨木総持寺キャンパス

       https://www.otemon.ac.jp/guide/campus/access.html 

 

◆ 対象者:「カリキュラムコーディネーター養成研修会(初級編)受講済みの方

◆ 参加費:1人 32,500円

 

◆ 主 催:日本高等教育開発協会(JAED)

      追手門学院大学 教育開発センター

                                                                                                                           チラシデータ

    共 催:株式会社学びと成長しくみデザイン研究所                                   ↓

第10回JAED研究会「大学教育・学習センター(CTL)のこれからを考える」

このたび、日本高等教育開発協会(通称:JAED)主催の第10回研究会を、下記の通り開催いたします。

 

 今回のテーマは「大学教育・学習センター(CTL)のこれからを考える」です。

米国教育評議会(ACE)が作成した「A Center for Teaching and Learning Matrix」と、PODネットワークが作成した「Guidelines for Comprehensive Center for Teaching and Learning Evaluation」を参照し、日米の異なりを意識しつつも、自分たち(自学の教育・学習センター)が果たしてきた役割は何か、これから果たすべき役割は何かを考えます。

 

 講師には、金沢大学大学国際基幹教育院高等教育開発・支援部門の杉森公一先生をお招きします。

先生は、昨年までボストン・タフツ大学のCTLに客員研究員として籍を置き、米国の教育開発に関わる大会や、

ボストン周辺大学のCTL訪問調査をしてこられました。

それらの知見と、日本での実践を比較してお話をいただきつつ、参加者の皆様と、各大学の現状とこれからについて検討する機会にしたいと考えております。

第10回 日本高等教育開発協会(JAED)研究会@京都

「大学教育・学習センター(CTL)のこれからを考える」

●日程:2019年9月19日(木) 13:30~17:00(プログラムの終了は16:45頃を予定)

●場所:キャンパスプラザ京都 第2会議室

●講師:杉森 公一(金沢大学大学 国際基幹教育院高等教育開発・支援部門 准教授)

●司会:西野 毅朗(京都橘大学 教育開発支援センター 講師/JAED正会員)

●対象:大学教育・学習センター等の関係教職員

●定員:10名(ディスカッションを深めるため、少数に限定させていただきます)

●参加費:1000円(情報交換会は別途実費負担)

●申し込みURL:https://forms.gle/5K4XM16LBoJ5ztLg9

●連絡・お問い合わせ先:日本高等教育開発協会事務局(info@jaedweb.org)