【満員御礼】ファカルティ・ディベロッパー養成講座特別オンラインセミナー

 今年は当初予定したFDを中止にしようと考えているFD担当者も多いので

はないでしょうか。対面での教育が難しい現在、教員の学習よりも学生の学習

を第一に考えるのは当然のことでしょう。

 しかし、新規に採用された教員や授業のオンライン化の支援を望む多数の

教員がいる中で、すべてのFDを断念して大学教員の学びを止めてしまって

よいのでしょうか。


 本セミナーでは、今年のFDをどのように進めたらよいのかを各大学の事例

を踏まえて検討します。
 具体的には、断念せざるをえないのはどのような活動か、継続すべきものは

どのような活動か、新たに開始すべきものはどのような活動か、FDを実施

するにはどのような工夫が必要か、大学間で活用できる教材にはどのような

ものがあるのかなどを共有します。

 

 それらをもとに各大学におけるFDをいかに構築することができるのかを

考える機会にします。


■■ファカルティ・ディベロッパー養成講座特別セミナー■■

◆ 日 時:2020年6月27日(土)13時~16時
◆ 場 所:オンラインにて開催(Zoom使用を想定)

◆ 対象者:FDを担当している教職員

◆ 参加費:無料

◆ 定 員:80名  

◆ 主 催:日本高等教育開発協会(JAED)
  共 催:愛媛大学 教育・学生支援機構教育企画室(教職員能力開発拠点)
      大阪大学 全学教育推進機構教育学習支援部
      芝浦工業大学 教育イノベー ション推進センター(理工学教育共同利用拠点)
      株式会社学びと成長しくみデザイン研究所(50音順)

【延期】FD担当者のためのFD丸わかりセミナー

2008年のFD義務化から12年が経とうとしています。

 

この間に、高等教育は強い政策的な動向、社会変化の状況に合わせて、組織的な教育改革が求められるようになりました。

FDも単なる授業改善だけでなく、カリキュラム改善や当該組織が進める教育改革を連動したFDが求められるようになりました。

 

FDをどう捉え、どのようにして所属組織の方に必要性を共有し、積極的な参画を促していけばいいのか。また、補助金用件をクリアするためだけの形式的な取り組みから脱却し、カリキュラムの教育力を高めるための実質的な取り組みに転換するには、どうすればよいか。 高等教育開発協会が改めてFDの過去・現在・ミライを考えます。

 

これまでFDにあまり関わった事のない方から、FDに詳しい方まで、多様な方にお集まりいただければと存じますので、ぜひご参加下さいますようよろしくお願いいたします。

 

■FD担当者のためのFD丸わかりセミナー

 

日  時:2020年3月8日(日) 9:30~16:15

会  場:大阪大学 豊中キャンパス 全学教育推進機構 総合棟 1

                     2階スチューデントコモンズ セミナー室B

募集人数:60名 (定員に達し次第募集終了)

参加費用:1,000円 (当日、昼食代、お茶、資料代として)

応  募:下部ボタンよりご応募ください

 

<こんな方はご参加ください>

*新しくFD担当になったものの何から手を付けてよいかわからない方。

*所属組織以外で行われているFDについて詳しく知りたい方。

*FDが果たすべき役割やFDの将来の可能性について知りたい、考えたい方。

*FD担当者として自身のキャリアを歩んでいくために必要なことを知りたい、考えたい方。

*FD担当者同士の新しい人的なネットワークを作りたい方。

 

<参加した方が得られるもの>

*高等教育におけるFDを取り巻く流れを体系的に理解でき、他の方に説明できるようになります。

*先進的な大学ではどのような取り組みがあるのかを知り、学内の取り組みを実質化するためのイメージを持つことができます。

*FDに取り組み、所属組織を本気でよくしようと考え、実際に行動している仲間のネットワークを得ることができます。

JAED

〒652-0865 兵庫県神戸市兵庫区小松通3丁目3-13

マルベリービル1F JAED事務局
mail:info@jaedweb.org

© 2023 by Lingo. Proudly created with Wix.com