日本版CTL
アセスメント基準

「日本版CTLアセスメント基準」

2022年3月31日 

 本基準は、2020年度JAED研究助成を受けて開発されたものです。

 詳細は、西野毅朗,杉森公一,吉田博,竹中喜一,佐藤浩章(2022)「日本版CTLアセスメントツールの開発」高等教育開発第1号,pp.46-54.をご参照ください。
 

 なお本基準を活用するためのアセスメントツールならびにツール使用のためのガイドラインをを以下に公開します。大学教育学習センター等の改善にお役立ていただければ幸いです。

 

 

​​基準枠組の新旧対応表

0002.png

FDプログラム認証手順

2019年7月21日 日本高等教育開発協会 作成  

   1.   申請希望の機関(以下、申請担当者)は、日本高等教育開発協会(以下、JAED)事務局に相談のためのコンタクトをとる。

   2.   申請担当者は、登録フォーム(機関についての基本情報)に必要事項を記載し,JAEDに送る。

   3.   JAED事務局が,認証担当のメンター(以下、担当のメンター)と申請評価担当の評価者(以下、評価者)とアポイントをとる。

   4.   担当のメンターが申請担当者にコンタクトをとる。担当のメンターは必要な申請書類の作成を支援する。  担当のメンターは、経過をJAED事務局および評価者と共有する。この時点で、プログラム内容や機関の体制に改善が必要であれば対応する。

   5.   申請書類が揃った場合、評価者が申請機関を訪問し(回数は必要に応じて異なる)、関係者からヒアリングを行う。評価者は、ヒアリング結果をJAED内の認証委員会に報告する。

   6.   JAED内の認証委員会が、FDプログラム認証結果を承認する。

 

注意事項:

  • 全認証プロセスはメンタリングを含め,通常2年以内で行う。

  • 認証の有効期限は,通常5年間である。必要に応じて、5年ごとの再評価を行う。

  • 通常,認証されたプログラムを修了した個人は共通の能力証明(資格)を授与される。

下記よりダウンロードいただけます。​

                                     認証シート         枠組説明文            枠組図

                                          ↓                      ↓                     ↓