カリキュラム・組織開発支援

 教育の質保証や教学マネジメントの推進が求められる中で、高等教育機関は個々の授業の改善だけでなく、カリキュラムの改善を組織的に推進することが期待されています。これまで日本高等教育開発協会では、ミドルレベルのFDとしてカリキュラム開発を位置づけ、カリキュラムコーディネーター養成研修会を開催するなどカリキュラム開発支援の領域を牽引してきました。

 また、個別の大学や学部などに対するより積極的かつ継続的な支援のご要望もいただいております。そこで、2022年度よりJAEDの新事業としてカリキュラム・組織開発支援を立ち上げました。これまで蓄積してきたカリキュラム開発や組織的なFDの推進の知見に基づき、JAEDの会員が個々の高等教育機関のニーズに合わせて、カリキュラム開発や組織的な教育開発を一定期間にわたって継続的に支援します。

 

【提供できる支援の例】

・カリキュラムの編成

・3つのポリシーの策定

・アセスメントプランの策定

・開講科目数の削減

・学習成果の可視化

・カリキュラムの評価

・FD体制の強化

 

【申込の手順】

カリキュラム・組織開発支援の申込希望者は、下記の情報をJAED事務局(info@jaedweb.org)まで送付ください。その後窓口担当者がヒアリング(Zoom)を行います。その際に詳細な依頼内容や期間などをお聞かせください。その後、ヒアリングの内容に応じて担当する会員を紹介いたします。担当する会員と支援内容などを相談した上で、正式に支援の依頼をするか決めていただきます。

 

【お問い合わせ時の必要項目】

1.機関名

2.担当者名

3.メールアドレス

4.電話番号

5.依頼内容

6.期間

7.諸経費

8.その他連絡事項

 

※お問い合わせ、ヒアリング、担当する会員との事前相談でお伝えいただいた情報は、支援の準備、実施にのみ使用し、許可なく第三者に開示することはありません。