倫理憲章

JAED 倫理憲章
 

序文


JAED は、⾼等教育開発の専⾨家集団として⾼等教育における教授と学習の質の向上に貢献
するという責任を担っています。この倫理憲章は、JAED 会員の倫理的⾏動をより促進する
ための指針となることを⽬的としています。


JAED 会員は、その職務から所属機関・組織や関係する機関の意思決定に⼤きく影響を与え
たり、機密情報や教職員・学⽣の個⼈情報を知りうる⽴場となる場合も多く、特別な倫理的
責任があると⾔えます。したがって、他の専⾨家や専⾨家集団と同様に倫理的な⾏動を遵守
することが求められます。


JAED 会員は、多様な専⾨分野、キャリアを持っています。⾼等教育開発の専⾨家としての
責任や⽴場の性質は、所属組織内の地位によっても異なり、経験や興味、能⼒、また組織の
⽂脈によっても異なっています。この倫理憲章は、多様な条件の下で活動する会員について
共通に当てはまる⼀般的なものです。


憲章
1.専⾨家としての役割と義務に伴う、⾼い責任感と誠実さをもって⾏動する。


2.⾃⾝の能⼒や与えられた活動範囲を踏まえると同時に状況に応じて、⽬的に沿った省
察的な実践を⾏う。


3.⾃分と異なる価値観や態度、意⾒、役割、⽴場を持つ他者の権利を尊重し、公平・公
正に判断する。


4.職務上知り得た情報の機密性を保持した実践及び記録保管を⾏う。


5.所属機関・組織、地域、国内及び国際的な同僚や、⾼等教育開発に関わる他機関及び
他の専⾨家と協⼒して職責の遂⾏とその質の向上に努める。


2021 年7 ⽉30 ⽇作成